明るく糖質制限(^_^)V

おいしいものを求めてスーパー糖質制限の奮闘記

夜よりも昼の付き合いが大変!!

こんにちは(^_^)

スーパー糖質制限を始めて1年が経ちました。

人それぞれ症状がちがいますね。私の場合、なんと糖質1gあたり血糖値7〜8mg/dlあげることもしばしばありますので、危なっかしくて一食10gくらいしか糖質取れません。


1年を振り返って困るのが昼の付き合いなんですよねー。

夜の居酒屋やファミレスの付き合いは割と簡単です。

居酒屋での打ち上げなんかは、簡単です。

アルコールを除けば糖質少ないものが結構出てきます。締めのご飯ものは、「お腹いっぱいなので・・・」とか言ってどなたかに食べて貰えばいいですね。

でも、気がきく人がいると断れないので困ったことがありました。

「かぼちゃの煮物これ、美味しいからどうぞ〜あなたたべてないでしょ・・・」そんなに親切にしてもらったのでは食べないわけにいかないですよね(^_−)−☆

アルコールはちょっと気をつけないとと思ってます。

最初の乾杯のビールはゴクゴク飲みたいところですがそこは、がまんですね。


さてさて昼時の付き合いというのがたまにあります。だいたい観光地に行けばそば、うどん、ラーメン、丼物、炭水化物のオンパレードですねえ。


それで、五月末の定期健診のとき主治医に言いました。ニコニコして明るく優しい女医さんです。


「あのう、どうしても付き合いで炭水化物取らなくちゃいけない時があるんですけど、そういう時だけ飲むお薬いただけませんか。グルコバイとか・・」


「このままでいいですよ。よく頑張っているじゃないですか。薬飲まないで行きましょうよ。そういう時はね、ご褒美だと思って解放して食べるんですよ。みなさんそうしてますよ。

ほら、糖の吸収を抑えるお茶とかサプリとかあるじゃないですか。」


優しいお言葉とも取れるけど、わたしは血糖値300も行きそうな食事ニコニコ食べれません。サプリもさほど効果がないことは血糖値測ってわかってます。

でもそこは大人ですから(いい年なんですから)やんわりと言いました。


「はい、わかりました。なかなかA1cが6.3から下がらないんですけどいいんですか」


「いいんですよ。数値がいいですからもう、予約しなくてもいいんじゃないかな。気になることがあるとき来てください」


見放されたのかな?とも思いましたが、これまで2ヶ月だったので3ヶ月後にお願いして予約入れさせてもらいました。


長々と話を聞いてくださいましてありがとうございました。


写真は最近のものです。

江ノ島と自宅近辺です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。