明るく糖質制限(^_^)V

おいしいものを求めてスーパー糖質制限の奮闘記

血糖値コントロールは腎臓にもいい!!

暑中お見舞い申し上げます。
昨日外から帰ったら、2階は37度ありました。
糖尿病の3大合併症のしめじのを考えてみました。
腎臓病(糖尿病性腎症)です。
腎臓のところを広い読みしてたら、毎日たくさん仕事してくれてるんですねえ。


慢性腎臓病 | 病気について | 国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス


こちらのサイトによりますと、
体の後ろのほうにあるので実感がないんですが、結構大きな臓器で
120g~150gくらいといいますから、卵2~3個分くらいの大きさ!!
腰の高さに背骨を挟んで両側に二つ。
心臓から大動脈には1分間に約5Lの血液が送り出されて、腎臓に、約1Lもの血液が流れています。
腎臓は血液量の最も多い臓器です。
腎臓が全身の臓器で作られた老廃物を尿に捨て、きれいになった血液を心臓に戻すという大切な役割を担っている為です。
そんなふうに書いてありました。毎日腎臓さんありがとうといいたくなります。



またこちらのサイトによりますと、糖尿病性腎症は糖尿病の合併症です。糖尿病性腎症の場合、急に尿が出なくなるのではなく、段階を経て病気が進行します。このため、できるだけ早期に発見し、適切な治療をすることが重要です。とありました。
はやめというのは、やはり定期的に病院で尿蛋白や腎機能をチェックすることが大切かな。
細かいことは、読んでても難しくてわからないことも多いけど


血糖値をコントロールすることが合併症の予防になるだけじゃなく初期の段階だと
合併症を回復させられることもあるんだということがわかりました。


いかに血糖値をコントロールするかということが大切になってきますよね。
そして、目標の数値はどうなのかな。
単に食後2時間後が140以下とかいうのではなく、リブレが使われ出したので、グラフから読んだり、いろんな考え方が出てくるのではないかと思っています。
みきでした。ではまたね(^o^)/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。